自分で言うのも変な話だと思いますが、同世代の女性しては垢抜けていたと思いますし、容姿にもそれなりに自信を持っていました

私は、学生の頃から美容について興味があり、自分磨きがいつしか趣味になってきました。そんな日々を過ごしていると、自分で言うのも変な話だと思いますが、同世代の女性しては垢抜けていたと思いますし、容姿にもそれなりに自信を持っていました。

自分に自信が出てくるとなんとなく、芸能界に興味が出てくるもので、初めの内は雑誌などになどの素人オーディションなどに参加したりするようになりました。しかしながらそれほど甘い世界ではないというか、オーディションにはことごとく落ちてしまい、一時期は自信を失いかけてしまいました。そんな時に、学校の先生と進路相談をしている時に、本気で芸能関係の仕事がしていたいなら、芸能コースのある専門学校に行ってみるのも一つの道だと勧めていただきました。私には基礎が身についていない事は、自分もわかっていたので、勧めてもらった専門学校に行くことにしました。私の行った専門学校は、様々なコースがある専門学校で、モデルタレントコース、俳優コース、声優コース、美容コースなど色々と分かれていましたが、私はモデルタレントコースを専攻しました。

私の行った専門学校は、まずインターンシップ制度を取っていました。インターンシップ制度では、様々な企業と学校がパートナーシップを結んでいました。企業の広告などのお手伝いをしたり、モデルの実際の現場に赴いて、プロの現場を見学したりすることができましたので、かなりの勉強になりました。また学校の授業の一環として、様々な公開オーディションが定期的に校内で開催されました。実際の企業スポンサーのオーディションなので、優秀な人は、その場で事務所のスカウトの目にとまる事がありました。この学校にいたのは1年間でしたが、授業でも多くを学ばせてもらいました。私はモデル志望でしてので、必要不可欠なウオーキングの授業は週に必ず2回はありましたし、ヴォイストレーニングや写真の良い写り方だけでなく写真についての知識、化粧などをはじめとする美容知識などの授業もありました。例え自分の希望する方向性成功しなかったとしても色々と選択肢が増えたと思います。

私は専門学校の在学中にも、引き続き学内のオーディションだけではなく、色々なオーディションに応募をしていたのですが、あるとき3週間ぐらい継続して放送される一時間の恋愛バラエティー番組のオーディションに受かりました。複数の男女が一定期間共同生活をするという番組だったのですが、その時の番組を見てくれた事務所の方が放送翌日に連絡下さり、無事事務所が決定しました。事務所に入り立ての頃は、一応マネージャーがつくのですが、マネージャーというのは一人一人につくわけではなく、一人のマネージャーが複数受け持つ事が多いので、どうしても新人の私より人気がある子に比重が傾きます。事務所に入ったときは、雑誌の専属をことを目標にしていました。その為オーディションもメディアよりも雑誌中心に比重を置いていました。運良く雑誌の専属が取れてわかった事があります。それはギャラの安さです。基本的に、モデル業というのはあまりギャラが高くありません。

雑誌の専属でも例外ではなく、雑誌に載るということは、アピールの場を与えてもらったという意味合いの方が強く、その後の道への途中というのはイメージが一番しっくりくると思います。雑誌に載る事によって、それが芸能関係者の目にとまったり、グラビアなどの写真集の話につながります。私にもグラビアの話がきたことはありますが、グラビアの写真集というのも、発行部数によってギャラが微々たるものになります。テレビに頻繁に出るような有名な方ならもしかしたら一万部ぐらい売れてそれなりにギャラがあるかもしれませんが、多くのグラビアアイドルがしのぎを削っている現代では、それも夢のような話だと思います。よく週刊誌の巻頭グラビアを有名な芸能人の方や大手事務所のイチ押しの子がやっているのを見ることがあると思いますが、あのグラビアは、ほぼギャラはないと思って間違いありません。あのグラビアは発行部数が別格なので、あのグラビアに載る事により、間違いなくその後の仕事が広がります。その為純粋にアピールの場であって、ギャラが出るような仕事ではありません。モデル業をそれなりに長くしていてわかったのですが、この職種で一生生活したいと思ってもほぼ無理だと思います。

この職種は、その後につながっている俳優業や歌手の道へのステップアップの場だと思います。それでも生き残れるのは恐らく一握りの方だと思います。またこの職種はかなり年齢が関わってきます。もちろん若い方が良いです。なのでいかに若い内に経験を積み、少ないチャンスを見逃さずにつかみ取れるかが重要です。私の体験談は以上です。結局私は少ないチャンスをつかむことができず、現在はスタイリストの仕事をしています。
———————————————————————-

TRY18なら、最低時給は3000円。全て全額日払い制なので、急な出費やお給料日前でお財布がキツイ時にも安心ですね!美容やアパレルのお仕事からリゾートバイト、イベントコンパニオンなど夜以外のお仕事も幅広く紹介されています。

キャバクラ派遣【TRY18】
全額日払い・完全自由出勤 ・ 厚労省認可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする