職場にもあまり馴染めずに途方に暮れていたある日、ネット上でふと在宅ライターという仕事が目に留まりました

私は体があまり強いほうではなく、同じ部屋や半径100メートル以内で煙草を吸っている人が居るだけでも咳が止まらず、酷い時には吐血するほどでした。
職場にもあまり馴染めずに途方に暮れていたある日、ネット上でふと在宅ライターという仕事が目に留まりました。
私はもともと学生の頃は理系専攻だったのですが、逆にそれを活かすことで文系の人とは異なった視点で文章を書くことができたり、理系ならではの知識についても書くことができると思った上に、ネット上の仕事ならばやめたくなったらいつでもやめられるだろうという軽い気持ちで始めることにしました。
最初のうちは新人として仕事をこなすという事もあり、一件あたりの報酬は低かったので毎日必死でたくさんの案件をこなしていましたが、次第に信用性が高くなり単価も上がっていきました。
しかしある日、いつものように仕事をしていると確認完了とのお知らせが入ってきたので結果を確認したところ、そこには半ば罵倒とも思えるような文字列が並んでいました。
「こんな文章を求めていたのではない」であったり、「こんな文章では報酬はとても支払えない」といった内容でした。
後々考えれば確かに至らないところもあったかも知れませんが物は言いよう、とても悲しい気持ちになりました。
ただ、もちろん泣き寝入りしてもどうしようもないので仕事は続けます。
続けはするのですが、どうしてもあの時の内容が頭から離れずに思うように文章を書くことができず、不採用の通達が多くなっていきました。
1週間ほど後に昔からの友人と会う機会があり、一緒にお茶をしていた時に聞かれました。
「あんまり具合よくなさそうに見えるけど何かあったの?」と。
知らず知らずのうちに外見からもわかるほど気に病んでいたようです。
隠していても何も起こらないので友人に全て打ち明けると、友人は笑顔で私にこういいました。
「全部が全部楽しい仕事なんてほとんどないんだよ、嫌なことがあれば楽しいことで忘れるんだよ。でも、大事なことはおぼえておくんだよ。」
その言葉で私は変われたと思います。
今でも偶に不採用の通知を受けることはありますが、以前に比べて明らかに深く考え込むことはなくなったのです。
不採用の通知の中でどれほど酷く言われようとも、私は私を貫き通すという信念を持つようになり、このことによって以前より格段に作業効率も向上しました。
これで自信を持った私は、在宅ライターとしての仕事がないときにも、他のサイトなどでも活動するようになりました。
ただ、そのほかのサイトではいつものサイトとは全くといっていいほど違い、いつものサイトならば確実に採用されるような自分でも満足の出来の案件でも、不採用の通知が次々と届きました。
いつものサイトでの書き方に慣れていたため、急に書き方を変えることも出来ずに最初のうちは20件こなしても採用されるのはせいぜい3件程度という採用率の低さ。
しかも、一件当たりの報酬はやはり新人としての扱いなので高くても1件あたり90円程度でした。
流石に心が折れそうになったその時、思い出したのはやはり友人のあの言葉でした。
私は私を貫き通すという強い意志の元、二つのサイトで並立して仕事をこなせるようになり、多少節約すれば日常生活が送れる程度の収入にまで到達するようになりました。
しかし、私は気付いたのです。
この仕事を続けると、老後はどうすればよいのだろうと。
現状での生活には問題はありませんが、このままでは老後が送れない可能性がありました。
これだけは自分を貫き通してもどうしようもありません。
そこで友人に相談すると、「今を生きることを大切にしなさい」と言われました。
なにか根本的解決になってない気がしながらもとりあえず帰宅し、ネットを見ながら仕事を再開しました。
すると、あるブログ上に「ただひたむきに仕事をするとどんな仕事でも天職になる」といった文言を見つけました。
本当かなとは思いながら仕事を続けているうちに、気が付くと収入の一部を貯金に回せる程度まで収入が増えました。
基本的に日中は遊びに出かけたりはせずに、ずっと文章を打っていたので貯金できる金額はすべて貯金に回していました。
この貯金額のまま60歳まで続けるとどうなるのか試算したところ、多少は少ないもののなんとか80歳まで生きるのに十分な金額になることがわかりました。
さらにこの頃になると文章を打つことが楽しく感じるようになっていました。
そしてこの時、友人の言っていたこととブログに書いてあったことは本当だったんだなと思いました。
今では文章を打つことが半ば趣味にもなりつつあります。
趣味をしつつ収入を得るのはとても楽しく、また、達成感がとても高いです。
この在宅ライターという仕事を選んで本当に良かったなと今ではとても感謝しています。
この体験談はあくまで私の話で、もちろん全員に当てはまるものではありませんが、何かの参考になれば幸いです。
———————————————————————-
在宅でライターのお仕事を探しているなら、Shinobiライティングがベスト!当サイトや姉妹サイトの「社会人の出会い方.com」に掲載している体験談の多くはShinobiライティングで募集をして書いていただいたものです。登録は無料ですぐに始められます。隙間時間でコツコツ稼ぎたい方は是非登録してみてください!




文章書いてお金をもらおう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする