大学生の頃から芸能界に興味があった私は、まず自分磨きに美容について、知識を独学で集め始めることから始めました

大学生の頃から芸能界に興味があった私は、まず自分磨きに美容について、知識を独学で集め始めることから始めました。大学生なのでエステに通う事はお金に余裕がなかったのですが、ファッション誌に載っているモデルの子がどのような化粧水などを使っているのかなど、しっかりリサーチをして、自分にできる範囲内で自分を最高の状態にするように努力していました。

ある程度自分磨きに自信が出てきた頃に、よく雑誌などに載っているオーディションの募集に応募するようになりました。私はモデル志望だったのですが、まずは芸能界への道を作りたかったので、どんなジャンルのオーディションでも応募していました。しかし、意欲だけで何も知識がない私が受かるようなオーディションはなくことごとく落ちてしまいました。そこで基礎的な事の必要性を感じ、まずは専門学校に通う事にしました。私が通った専門学校は、タレントや俳優、声優などの芸能コースとスタイリストやメイクアップアーティストなどのコースがありました。私が専攻してのはもちろんモデルコースです。

1年間は、つらい事もありましたが、それ以上に充実した毎日でした。まず、学校の授業は、各科目専属の先生がおられ、一流の技術を教えて下さいました。まず私が目指す道には必要不可欠なウオーキングの練習です。これは週に三日ほどみっちり教えられました。次に被写体としてのポーズや写真自体の知識、美容ケアなどの実践的知識などもしっかりと学びました。この授業は、モデルとしての知識以上のものもありました。それは、志望する職種以外に進まざるえない場合が将来あるかもしれないので、融通がきくように学ばせてもらったのだと思います。結果的に私はこの時学んだ知識が役にたつことになります。専門学校は単純な授業だけではありません。定期的に校内で公開オーディションを開催していました。これは模擬オーディションではなく、実際の企業のプロモーションなどに参加できるオーディションです。また公開オーディションだけではなく、実際に雑誌の撮影の場に行って見学させてもらうなどの課外授業も頻繁にあり、プロの世界を肌で感じることもできました。

優秀な子はこの公開オーディションや課外授業などで芸能事務所にスカウトされる事もあり、1年を待たずに巣立って行きました。私は、専門学校に通いながらも継続して外部のオーディションには参加しており、ちょうど専門学校を卒業するぐらいのタイミングである恋愛バラエティー番組のオーディションに受かりました。その番組は、一人の男性に対して複数の女性が出演する番組で、最終的に男性に告白されるようにアピールをするというでした。確か一時間番組で、3週位にわたって放送されたと思います。私は最後の3人ぐらいまで残ったのですが、最終的には別の子が告白されて番組は終わりました。

番組の放送終了後にいくつかの事務所の方に声をかけていただき、本来のモデルの仕事を優先的にできると約束してくれた事務所に所属が決まりました。私がまず仕事として取りたかったのは、雑誌の専属契約でした。現在、ファッション誌は数多くあるので、どの雑誌でも良いので契約を取りたかったです。マネージャーさんにもかなりプレゼンをしていただき、ある雑音の契約が期間限定ではありますが取れました。そこでまずわかった事は、この職種は儲からないということです。雑誌の契約さえ取れればある程度、生活はできると思っていたのですが、その考えは甘かったと思います。雑誌に載ったからと言って、高いギャラが発生するわけではありません。雑誌というのはあくまでもアピールの場であって、その後の道への通過点でしかありません。よく青年週刊誌などのグラビアページにテレビで既に活躍しているような方や大手の事務所が今後売り出していきたい新人の子を載せたりしていますが、このグラビアのギャラはほとんどありません。

恐らく、普通の大学生がアルバイトで一日働くよりも安いギャラになります。ギャラは少ないですがねえ青年週刊誌というのは、雑誌によっては100万部近く流通することもあるので、顔を知ってもらうなどの効果は抜群にあります。つまり、アピールの場として、将来への投資の仕事と言えます。事務所に入ったからといって、全員が生き残るとは言えない世界です。恐らくは才能があったり、魅力的な体を備えていても、タイミングや運を逃してしまうと花が咲かずに引退してしまう人も星の数ほどいると思います。年齢的にも、この職種をやっていけるのは20代半ばぐらいで、成功する人はその後テレビのバラエティー番組などの世界に移って行きます。残念ながら私の場合は、そのチャンスに恵まれる事がなかった為、20代後半にはモデル業を引退し、現在はメイクアップアーティストをして若い子を支える仕事をしています。若い子には私の体験談を聞かせたりして、その子が幸せな仕事ができればと思います。
———————————————————————-

TRY18なら、最低時給は3000円。全て全額日払い制なので、急な出費やお給料日前でお財布がキツイ時にも安心ですね!美容やアパレルのお仕事からリゾートバイト、イベントコンパニオンなど夜以外のお仕事も幅広く紹介されています。

キャバクラ派遣【TRY18】
全額日払い・完全自由出勤 ・ 厚労省認可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする